自然運筆法(じねんヨーガ)を体験し、習得することを目的としたスクールです。

体験者の声page13

デジャヴ

 

康 晶仁様

 

講習が始まってすぐに、野原先生のお話しにどんどん引き込まれていきました。時間が経つにつれ、野原先生から流れてくる何とも言えない深い静寂感が伝わってきました。あれっ、部屋の隅に本が山積みされて、見た事のない絵が壁にかかり、まだ会った事のない男の人から真剣にお話を聞いているこの場面…。数か月前に夢で見た光景でした。お会いする事は、決まっていたんだと。どうりで初対面とは思えない感じがしたわけです。
「いざ、筆を持つ」
野原先生から「自分の名前以外の漢字で、好きな一文字を書いて下さい」と言われ、書き終えると見慣れた「雅」という字がありました。「今度は左手で」利き手以外で筆を持った事はないのに…と思いながら何枚か書くうちに、こんな思いっきり大胆に筆が動くの!(普段の自分は、頭で考え過ぎて行動できずウジウジしているのに)そしてどんどん勢いがつき、いろんなものが削がれて象形文字のような線と点でエネルギーを表現しているようでした。
自分の内側にこんな世界があったんだーと、新たな自分の発見に嬉しさと興奮が込み上げてきました。
「今までの自分」
自分の足りないところに目を向けてばかりで、溢れ出る表現をしたい自分に気付かずにいました。
自分には何かが足りないという枯渇感から、外側から何かを得ようと、多大な時間とエネルギーを費やしてきました。それでも満たされなかったものが自分の内側にある事を、筆に委ねて形にしていくなかで知る事ができました。
自信を持てなかった自分に自信を与えてくれて、ありのままの自分を表現すれば良いという事を自然運筆法が教えてくれたのだと思います。
ご縁を繋げて下さった友人方に感謝致します。

 

 

 

 

 

体験者の声トップへ